スポンサードリンク

気の不足・滞り

気には体を邪気から守ったり、代謝させたり、
温めたり、血液等が漏れ出ないようにしたり、
動きを推進する働きがあります。

そのため、気が足りない状態(気虚)になると、
これらの作用が正常に働かなくなります。

どういったことで気虚が起こるかというと、
栄養不足であるとか、
胃・脾の調子が悪くて食べ物を
うまく消化・吸収できないとか、
過労や出産、長引く下痢等があります。

こうなってくると、体がだるくなったり、
常時疲れてぐったりしたり、
体に力が入らなくなってしまいます。

また、脈拍も弱々しくなることや、
声に力が入らずボソボソ話すようになります。

気虚によって汗が漏れだすのを抑える固摂作用が弱まると、
暑くもないのに汗をかく自汗という現象も起きます。

同じく固摂作用の異常として、
睡眠中によだれが垂れることもあります。

気には内臓を押し上げる働きがあるため、
気虚になると臓器や津液が落ちてきます。

これは気陥と呼ばれ、
腹部に張りを感じたり、頻尿、下痢、脱肛などの
症状が現れやすくなります。

他にもうまく気が流れない状態を気滞と呼び、
張り詰めたような痛みを感じやすくなります。

この状態を緩和するために、
げっぷやおならが増えたりもします。

本来は全身を循環するのが気の性質ですが、
うまく下に降りなくなった状態が気逆です。

この気逆が起きやすいのは、肝、肺、胃です。

肝で気逆が起きるとストレスを感じやすくなることや
頭痛、めまいなどが起こり、
肺ではぜんそくや咳、
胃では吐き気や悪心、げっぷの原因となります。

スポンサードリンク