スポンサードリンク

目に黄疸らしき症状が出た時には

黄疸が目に出る場合、
黒目ではなく白目の部分に症状が現れます。

鏡で見ても毎日のことなので、
気のせいに感じてしまうこともあるため、
誰かから指摘されたら気をつけた方がいいでしょう。

少しづつ変化していくと分からなくても、
久しぶりに会った人は以前との違い、
あるいは他の人との違いに敏感に気づく場合があります。

また、目に異変があるように感じても、
それをズケズケ指摘する人ばかりではありません。

口にするべきか迷って、
そのまま胸にしまっていく人も当然います。

ということは、誰かが黄疸の可能性を指摘したら、
その背景には他にも同じことを思った人が
存在する可能性があるのです。

もちろん、たまたまある人が思い違いをしただけかもしれません。

しかし、黄疸の原因は様々で、
中には肝臓がんを始めとする重篤な病気もあります。

こうした場合には、発見が遅れること自体が大きなリスクです。

そう考えれば、
目が黄色くなっているような気がするのなら、
早めに病院に行って受信しておいた方がいいでしょう。

体にだるさを感じるとか、
そういった症状を併発している場合も同様です。

あくまで原因次第ではありますが、
黄疸が現れるぐらいの状態にまで進行している癌なら、
発熱や倦怠感、転移による他の部分の痛み等、、
様々な症状が現れることがあります。

他にも、結石が胆道をふさいでいるような場合には、
早めに治療をしないと感染症になったり、
合併症を引き起こすこともあります。

いきなり大きな病院に行くのは大変でも、
まずは近くの診療所で診察してもらうとか、
かかりつけ医に相談するのも一つの手です。

専門家による視診の方が、
自分で鏡を見て判断するよりは正確ですので。

もちろん目で見るだけでは限界があるため、
必要に応じて画像診断等の検査を行うことになります。

この場合も個人でどうにかなるものではないので、
黄疸が目に表れているような気がした場合には、
手遅れにならないうちに診察を受けておいてください。

その判断があなたの命を救う場合もあれば、
治療期間を短縮できる場合もあります。

スポンサードリンク